子ども園・幼稚園のあゆみ

昭和40年(1965年) 12月27日(認可)

  • 学校法人白水学園 創立初代理事長 白水梅枝
  • 初代園長 須藤不二男、初代主任 須藤和子 就任
    初代理事長・初代園長 初代主任・現名誉園長
    [略歴] 初代理事長: 元新琴似郵便局長・新琴似短歌歌人・歌人若山牧水に師事、初代園長: 元札幌中央創成小学校教官・元東宝映画助監督、初代主任: 元北広島東部中学校教諭・元名誉園長(H28年5月逝去98歳)

昭和41年度

  • 第一回 新入園児入園式
    さくら組(4歳児)11名、梅組(5歳児)34名、菊組(5歳児)34名 定員80名(3学級)
    当時の園舎 当時の園舎

昭和43年度

  • 園則変更 定員80名から160名とする(4学級) 保育料2500円
  • 園舎増築工事5月より8月まで

昭和45年度

  • 園則変更 定員160名から200名とする(5学級)

昭和61年度

  • 二代理事長 須藤和子就任

昭和63年度

  • 園則変更 定員200名から240名とする(8学級)

平成2年度

  • 園則変更 定員240名(9学級)に変更

平成10年度

  • 園舎増築 (新園舎1,245.97平方メートル)

平成15年度

平成16年度

  • 補助支援員配置
  • 地域交流活動開始

平成17年度

  • ボランテア訪問活動(新琴似サンビヨーズ老健施設)
  • 40周年記念事業(祝賀会・記念誌発刊)
  • 40周年記念歌(作詞作曲: 園長・教職員)、新琴似ふれあい農園開始(全園児用1区画)

平成18年度

  • 希望制サッカー教室 年長開設
  • 夏期・冬期休業の預かり保育実施
  • ふれあい農園づくり(2区画拡充)

平成19年度

平成20年度

  • 園旗・応援旗 制作
  • 43回創立記念園庭遊具 整備事業
  • 第40回札幌市私立幼稚園研究大会北区公開保育研究会場園
  • 研究誌「新幼叢 」創刊(実践集発行)

平成21年度

  • 三代目園長 須藤勝麿 就任
  • UV対策(サンカット帽子義務化)
  • 学級単位の英会話開始
  • 2009JAPE夏期幼年研修会視察(東京) 園長・教員研修

平成22年度

  • 45周年記念事業(文化記念講演会・楽器演奏会)
  • 幼児・児童発達カリキュラムづくり(事例研究と実践)
  • 2年児クラス編成(ことり教室)
  • 日本幼年教育会 入会(2010年、40周年JAPE研修会大阪大会教師派遣)

平成23年度

  • ことりクラブ(1クラス20名で2クラス編成40人定員)
  • 特別預かり保育(慣らし保育期間・春休み実施)
  • JAPE実践研修会(横浜大会参加)

平成24年度

  • 第50回2012年JAPE春季幼年教育研修会参加
  • 第50回北海道国公立幼稚園教育研究大会(札幌大会)全教師参加
  • モンテ知育教育の推進(感覚教育、算数/文字教育、文化教育)
  • JAPE研修・研究会への参加
  • 楽しい年長体育と年長体験スイミング(民間プール専属コーチ)(夏季期間)
  • 地域ふれあい交流会(安春公園)

平成25年度

  • 園内めざまし教育研修
  • 年長スイミング体験(民間委託幼児水泳指導)
  • 年中・年長体育指導(本年度より年中組開始)
  • 地域ボランテア活動(老人保健施設訪問、町内会老人クラブ等)
  • 特別支援教育の自主研修と実践事例研究・札幌市自立支援協議会学習会
  • 学園将来構想案づくり(青写真)~園舎ビジョン建設計画~

平成26年度(平成27年度子ども・子育て支援新制度スタート!)

  • 新琴似幼稚園の将来ビジョン決定
  • 園舎建替へ工事で仮園舎2棟生活(本館・虹色館)(平成26年9月~平成27年3月下旬)
  • 臨時駐車場2ヶ所借用(職員用、バス専用、来園保護者用)
  • 新園舎竣工・完成予定 (平成27年3月下旬)
  • 新制度移行に伴う平成27年度入園説明会(9月2回体験保育、10月入園願書配布時)(場所:新琴似プラザ )
  • 年長英会話教室(課外活動自由選択制)~2学期よりスタート~
  • 園内・外研修参加(ピアジェ理論実践研修教師派遣・特別支援教育研修等)
  • 年中スイミング体験学習(本年度より開始)

平成27年度

  • 私学助成法(旧制度)で園運営(学校教育法に基づく幼稚園教育)
  • 全園舎の完成(外構工事と運動場の整備、遊具の移設配置)
  • 子ども子育て支援法(新制度)認可・認定申請、平成28年度より幼稚園型認定
  • 子ども園(単独型)移行予定 (認可定員、利用定員 1号240名、2号20名利用定員変更申請)
  • 創立50周年記念事業
    • 創立50年周年記念誌発行・新園舎落成記念祝賀会・小樽親子水族館記念遠足・卒園生お披露目会
    • 創立50周年謝恩祝賀会(地域の関係者・幼稚園関係者・PTA代表関係者その他諸行事)・PTA寄贈 案内板
  • 預かり保育新制度加入(幼稚園型預かり事業)道から市へ運営移行準備)
  • めざまし教育(知的活動)の推進と実践研究(園内外研修)~ぴあじぇーる研究誌7月掲載<教育出版社発 行

平成28年度

  • 幼稚園名称 認定こども園 新琴似幼稚園と命名、道認可、利用定員1号240名、2号20名、総利用定員260名
  • 学校法人白水学園、認定子ども園新琴似幼稚園園則、運営規定、重要事項説明書理事会・評議委員会承認(平成28年2月27日)
  • 一時預かり保育(幼稚園型)事業開始
  • 地域に根ざした魅力ある園づくり 
  • 名誉園長 須藤和子死去享年98歳(学園葬)

平成29年度

  • 認可定員260名(利用定員1号認定 230名、2号認定 30名)利用定員変更 道認可・札幌市認定
  • 自然・環境教育の重視
  • 教員研修(札幼研修 初任者研修(3泊4日、中堅研修、公開保育研修、特別支援研修等)(めざまし実践研究、満3歳児クラスの保育実践、一泊研修 ニセコラフティング体験)
  • インクルーシブ教育・保育の実践と推進(デイサービス施設との連携)~札幌市特別支援センターとの連携、発達診断と教育・保育実践研究・育児相談
  • めざまし教育の実践と研修(思考力・コミュニケーション力の育成)~日本幼年教育会講師要請(夏季研修8月)
  • 遊具整備と環境改善(ユニプレイうし増設、2F3保育室冷房施設完備)

平成30年度

  • 新幼稚園教育要領・新保育要領指針の改訂
  • 北区公開保育当番園(札私幼)~第3会場、32園、84名参加、公開保育記念誌 2号「2018新幼叢 」2018,10,19発行
  • 実践研究(教材の活用)~絵本「自然」を教材とする体験実験、「めざまし遊び」思考力の育成
  • 新規活動教育~年長1泊お泊り会
  • 満3歳児教室の設置(定員18名)10クラス体制
  • 子育て支援(家庭支援)の充実~ことり教室(プレスクール)定員40名
  • 教職員処遇改善
  • 事務職員の配置(3名体制

令和元年度

  • 子どもの家(にじいろ館)付設新築~子育て支援施設
  • 空調設備設置(午睡室、2階の保育室)
  • 幼児教育の無償化(10月より)
  • 新型コロナウイルス感染症のため2月28日より休園に入る~4月7日
  • お別れ会中止、卒園式短時間一家族1名、来賓無しで挙式、園長、園児に証書授与のみ)

令和2年度

  • 新型コロナウイルス感染症対策(休園、分散登園、衛生管理、諸行事、法人運営、休業補償)
  • コロナに伴う年間行事・教育活動の見直し(新しい生活様式・新北海道スタイルに添った活動)
  • 休園(4/14~5/26)、緊急事態宣言解除 6/1~6/26、学年別分散登園5/27~6/12、男女別分散登園6/15~26、通常登園6/29~
  • 預かり保育事業通年保育継続(4/1~)
  • 新しい日常生活の模索と保育実践の試み(withコロナと共生社会)
  • 教職員の研修と研究(ICTを活用した動画配信、オンライン研修等)
  • 子育て支援事業の推進(預かり保育の充実、未就園児ぴよぴよ広場の集い、ことり教室2歳児保育)
  • インクルーシブ教育の推進(就園前発達相談、デイサービス連携相談等)

園章

園章

昭和41年製作

 山は高く、空にそびえ、山は雨・風・雪を受け入れ四季の変化に美しく存在する。

 新琴似幼稚園のこどもたちも、心は優しく体は強くおおらかに育つことを願って、初代園長 須藤不二男が描いた園章です。(札幌の象徴、手稲山を想定)

 園舎や通園バス、園帽など様々なところに描かれています。

園旗・応援旗

園旗・応援旗

 平成22年度は園創立45周年にあたり、これを記念してPTAより卒園記念品として贈呈されたものです。

副園旗

副園旗

 平成20年製作。園章とtamas デザインのしんことり(ことりマーク)を使って製作しました。入園式・卒園式、運動会、各種行事などで利用しています。(しんことりは、「新琴似」と「ことり」を掛けた新琴似幼稚園のシンボルマークです。)

新幼叢(しんようそう)

新幼叢

 「私たちの教育研究と実践」をテーマに平成19年度を中心とする園内教育についての研究と先生それぞれの実践総括をまとめたものです。

 園運営方針をはじめ園内夏季研修要項・園内冬季研修要項・主な教育活動と教育課程に係わる教育時間の終了後の諸活動・PTA役員会組織作りの取り組み・園の教育課程と年間指導計画など70ページ弱にわたる内容となっています。

創立50年記念誌 新生

新生

 学校法人 白水学園・新琴似幼稚園は昭和40年12月に道の認可を受け昭和41年4月に開園し、以来、関係者各位のご支援とご協力をいただきながら今年で50年を迎えることになります。その間3千5百名を超える園児を卒園させ、地域になくてはならない幼稚園にまで成長することが出来ました。

 今新しい時代の要請に応えるため平成28年度から子ども・子育て新制度に参入して新生新琴似幼稚園(幼稚園型認定子ども園)として地域の要請に応えて行きます。

 創立50周年を記念誌として発行することになりました。ここ10年の教育実践を中心に在園児、卒園児のメッセージ、旧園舎と新園舎の写真で見る50年史をまとめています。園庭には50年の年輪を刻んだ春楡の巨木が子どもたちを見守っています。

新幼叢(しんようそう)2号

新幼叢2号

平成30年度 2018/7/29,30

第50回札幌私立幼稚園教育研究大会当番園公開保育記念誌発刊第2号

テーマ
子どもたちの今と未来の幸せをねがって~一人一人の育ちを支える質の高い幼児教育を~

 上記のテーマに沿って、10年ぶりで公開保育の当番園として、本園の教育・保育実践の振り返りを総括集として発刊した。公開日、参加者に研究要項と合わせて配布したものでもある。公開研究園としての保育実践をより理解を深めていただくために、また私たち自身の保育の質を高めることを目的に整理総括したものである。

 平成20年度~平成30年度この10年の取り組み、沿革、認定こども園3年の歩みと試み、インクルーシブ教育、満3歳児保育、3大行事、めざまし遊び、

 預かり保育、教材研究「自然」絵本の実践活動、新教育課程に基づく(発達カリキュラム)等が収録されている。


What's New

2020-09-24
トピックス
2020-09-23
募集案内
2020-09-22
公募・求人情報
2020-09-07
キーワード
発達保障

通園児用最新情報

更新: 2020-09-25
動物園見学遠足(年中)...

通園児用ページ


お問い合わせ

認定こども園
新琴似幼稚園

〒001-0908
札幌市北区新琴似
8条3丁目1番20号

電話
011-761-9298
FAX
011-761-0761

Eメール
[email protected]